[Day 0] 健康になるために、「お金」と「時間」と「意思力」というコストがかかりすぎている。

継続する労力がほぼ不要で、得られる健康リターンの大きい健康法があった!

このブログをご訪問いただき、ありがとうございます^ ^
はじめまして、サンゴといいます。
都内在住で貿易とツーリズム事業をしている30代後半の男性です。

身体も心も調子よくベストなコンディションで日々を過ごしたい!と思って、これまで8年間色々な健康法を試してきました。一番の情報元は本ですが、ここ数年はDAIGOさんのyoutubeなどで紹介された健康法やアンチエイジング法をあれこれと試しています。

サンゴ

最近は婚活も頑張っています。(成果は聞かないで・・)

このブログでは「低量放射線のホルミシス効果による健康法とアンチエイジング法」について詳しく紹介していこうと思っています。

低線量の放射線を浴びると強い抗酸化作用やDNA修復能力が向上、免疫力向上、細胞の若返り、などの作用により多様な健康効果が得られる。というものです。

「放射線?危なそうだし怪しい・・」と思ったそこのあなた!ページを閉じるのは、まだ先でお願いします。笑 少しの放射線は身体に悪いどころか、良い影響を与えることが分かっているのです。

結論から言うと、健康法としては特に30代半ば以降の若いころと比べて衰えを感じ始めた男女には「身体に疲れが残らない」「疲れにくくなった」などの実感が得られやすいので特におススメです。日々取り入れることで人生のQOLが向上すると思います。 不調を感じている人ほど体感を得やすいようです。

また現在医療として本格的に用いた場合は、がんを始め、難病と言われている糖尿病、潰瘍性大腸炎から高血圧、リウマチ、アトピー性皮膚炎、不妊症などにもかなりの改善実例が報告されています。

個人的にこの健康法が画期的だと思っているのは、やり方次第でお金も時間もほとんどかけずに健康効果を得ることもできるしかも精神的忍耐も、身体的忍耐も必要ないという点です。

アンチエイジング法や健康法について関心がある方、既に色々と取り組まれている方、心も身体も整えてパフォーマンス良く毎日を充実させたいと思っている働き世代の方、持病や難病に悩まれているには、お役に立てる情報になると思います。

健康になるやり方を知っているのに、なかなか継続できないジレンマ

医学や科学の進歩によって、健康になるために必要なことがどんどん明らかにされていますね。
運動、食事、睡眠、etc..
一つ一つのハードルは高くないものの、忙しい日々の中でそれらを継続的に実行するのは難しいなと感じていませんか?

健康になるぞ!とトライしても習慣にするまでが大変です。
同じように苦労している人が多いからこそ、新たな健康本が永遠に出版されているのだと思います。笑

試しに健康本をgoogleを検索をすると、、

googleでの健康本での検索結果

この膨大な情報の海が現れます。

これ全部やらないと健康になれないんでしょうか?笑

多くの健康法やアンチエイジング法の一番の問題は、続けるの大変なことだと思っています。
お金もかかるものが多いし、時間も取られるし、正直めんどくさいなと。。

「~しなければならない」習慣が必要なものが多く、強い意思の力も必要です。

初めてはみたものの、途中で挫折してしまった人は僕だけではないはずです。

健康になるために、一般的によく知られているものとして運動・食事・睡眠を整えること、というのが挙げられるかと思います。

ぼくの場合、
運動でいえば、月額1.5万を払って週4回ジムに行き、毎朝毎回30分だけトレーニングしています。
たった30分でも移動や着替え、ストレッチ、シャワーの時間を含めると1.5時間くらいかかります。

月に30時間を運動に使っている計算です。
ジムに行く日は起きている時間17時間のうち、約1割の時間を運動に使っていることになりますね。

ジムに習慣的に行くことで、身も心も良いことを実感はしていますが、正直もっと時間を減らせればなぁとは思っています。HIITという短時間で高強度のトレーニングする方法もありますが、しんどすぎて継続できませんでした。笑

次に睡眠でいえば、良質な睡眠をとろうとするとなかなかの意志力が必要になります。寝る2時間前からスマホやTV画面は見ないようにし、部屋のあかりを暗くして、寝酒はNG、寝る1時間前までにお風呂に入り、食事も2,3時間前には終えておく必要がある、などなど。

これらを苦も無くできるという、強い精神力と高い自己管理能力がある人にぼくはなりたい笑

そして、食事です。これも相当大変です。忙しい日々の中で栄養バランスを考えて、毎日3食(あるいは2食)の献立を考える、用意するというのはなかなか高いハードルです。
グルテンフリー、無農薬野菜、有機野菜、高たんぱく食、食物繊維、野菜、フルーツ、ビタミンABCDE・・ 
大戸屋の定食を日替わりで色々食べるくらいではダメなようです。

また疲れやすい体質だったりコリやすい方は、マッサージや整体、鍼灸に定期的に通っている人もいるかとおもいますが、これも時間とお金がかかりますね。

これら一つ一つのアクションを積みあげていくと、トータルでは思った以上の時間やお金、意思の力が必要になってきます。
健康になって人生で何をするかの方が本当は大事なのに、健康になるための行動に多くの時間と精神力が奪われてしまうというジレンマがあります。

効果が体感できて、手軽に続けられる健康法があった!


お金も時間も意思の力もいらずに、健康効果を得られる方法って他にないのか?
それ以来あれこれと探し続けて、今年にようやく理想に近いものが見つかりました。

それが低線量放射線ホルミシス効果を活用した健康法です。

この健康法は、ぼく自身が様々な健康法を調べて試してきたなかでも、一番簡単で様々な効果があり、体感も得られやすく、そして非常にコスパのいい方法だと感じています。

放射線と聞くと身体に害を与えるイメージがあると思います。それは間違っていないのですが、
極々微量の放射線を浴びると、逆にカラダが活性化する作用があります。「微毒は益をなす」ということです。

もう少し具体的にいうと、低線量の放射線を浴びると強い抗酸化作用やDNA修復能力が向上、免疫力向上、細胞の若返り、などの作用により多様な健康効果が得られる。というものです。

ホルミシス効果を得る方法はお金をかけずに手軽にできるものから、医療クリニックで受ける本格的なものまで色々な方法があります。病気治療の目的で本格的にクリニックに通うとなると、さすがにある程度の費用と時間はかかりますが副作用はないという絶大なメリットがあります。

ただ低線量放射線によるホルミシス効果についてですが、ホルミシス効果については、全てが解明されているわけではありません。何十年という長期に渡って高濃度のラドン(放射線を出す物質)を吸引した場合は健康状態が悪化したと読み取れる海外のデータもあり、今でも学者の間では議論が続いている分野です。

良し悪しの決着がついていない話を、するな!というご意見は当然あるかと思います。
ただ、そのネガティブ要素である反例データというのは、「野菜不足による身体への悪影響」と同程度の健康リスクがあるかもしれない。というものです。
実際、これまで低線量の放射線によって治療が必要になったと実証された症例はゼロです。

一方、低線量の放射線を短期間活用した場合は健康増進・病気が改善した実例は日本と世界でかなりの数に上ります。医療の現場でもどんどん活用が進んでいて、その効果は疑いようがありません。

湯治湯として親しまれているラジウム温泉も低線量のホルミシス効果を存分に体感できるところです。日本人は昔からその効能を肌で感じて知っていた国民でもあります。

活用するメリットが圧倒的に大きいことを、このブログを通して知り、みなさんの生活に取り入れて頂きたいと思っています。

これからどうぞ、お付き合い頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。